実は重箱や詰め方にまで意味があるおせち

おせち料理は、中身の料理がおめでたいものであればよい、
というものではありません。

これは重箱に入れるというのが基本となっています。

実は、この重箱にはめでたさが重なるようにという意味が
込められているのです。

最近では二段重や三段重といったものが多いですが、
本来は四段重が基本です。
一の重、二の重、三の重、与の重と表現します。





おせち料理を正しくお重に詰める方法


おせち料理は、4つのお重の中に、とりあえず何でも良いから
詰めるというものではありません。

まず一の重には祝い肴を入れます。
これは主に御屠蘇(お酒)のおつまみの役割を果たすものです。
例えば祝い肴三種と言われるのが、数の子、ごまめ、
黒豆ですね。
それから、関西ではたたきごぼうなどを加える家庭も多いです。

二の重は口取りと言われるもので、栗きんとん、
紅白かまぼこといった甘味のあるものが中心です。

三の重には海の幸が入ります。
ここは焼き魚などですね。

さらに与の重には、山の幸が入ります。
野菜の煮物や酢の物などが代表的です。

地域により、五段重が一般的なところもあります。
この場合には、五の段は空にしてあることが一般的で、
これは来年は、ここも一杯になるようにしたい、
という願いが込められたものです。

詰める形にも色々な決まりがあり、扇形詰めや
段詰め、八方詰め、七宝詰めなどがあります。


ただし、おせち料理は家族でいただくもの。
基本的には、どう盛り付けたとしても、
家族で楽しめれば良いということになります。

せっかく手間暇をかけて用意するなら、こういった
豆知識も覚えておくと、よりこだわりを感じられる
おせちに仕上がるかもしれませんね。






このページの先頭へ